日常生活

【COVID19 特集‐14】コロナウィルス ロックダウンフェーズ2 イタリア国内移動が可能に⁈

ロックダウンからやっと自由に国内移動が可能に

現在の感染者数はこちらから ⇒https://www.bing.com/covid/local/lombardy

5月30日(土)の発表で、6月3日から、イタリア国内、居住している州を越えての移動が可能になるとありました。

私の住むロンバルディア州は、一番初めにロックダウンが始まって、最後まで感染者数が他州に比べて多い状態なのですが、イタリア国内みんな一緒に州外移動解禁だそうです。

新規感染者数ゼロの州もある

北部のロンバルディア州やピエモンテ州は感染者数がほかに比べて突出して多いので、時期をずらす案もでていましたが、結局6月3日から州外移動が許可されます。

私自身、ミラノ市内を歩いていると、着用義務のマスクをつけてはいるけれど、口と鼻の上ではなくあごの上だったり、明らかに同居している家族ではない人同士が、ソーシャルディスタンス確保せずに立ち話をしていたりするのをみかけるので、感染が再び拡大しないか心配していますが、外出禁止令が緩和されたことで精神的ストレス(私自身はあまり感じてはいなかったけど)軽減になったことは確か。

 

友人と会うのもすでに許可されていますが、私のイタリア人の友人は

「レストランにも行けるようになったけれど、実際にみると、しっかりソーシャルディスタンス確保ができているようには思えないし、スポーツジムももうすぐオープンするけれど、まだ私はこの状態だったら行かずに、今までのように家で運動を続けるわ」

ということで、what’s up (こちらで主流になっているLINEのようなもの)アペリティーボ(食前酒)をきのうしたところです(笑)

私も彼女の意見に賛成で、ここまで用心してきたのだから、もっと状況が改善されない限り、しっかりとコロナ対策は取るべきだと考えています。

 

レオナルド ダ ヴィンチ 最後の晩餐

レオナルド ダ ヴィンチ 最後の晩餐

※クリックを押すと画像が拡大します。

数日前からあの有名な、レオナルド ダ ヴィンチの最後の晩餐の壁画の見学も再開され、29日からミラノの大聖堂もミサに参加をしない、一般の人の見学も再開されました。(まだロンバルディア州外、海外からの観光客がいないため、空いているようです)

 

もちろん、今までとまったく同じとはいかず、大幅に入場者数を制限してのオープンで、大聖堂の屋根に登るのも、エレベーターは使用させず、徒歩のみ可能なので、体力に自信がない人にはちょっと厳しいですね。

 

シェンゲン加盟国からイタリアへの入国も許可

イタリア国内の移動が可能になるだけではなく、シェンゲン加盟国からの入国も認めるらしいのですが、イタリアが入国を認めても、イタリア人の入国をまだ認めていない国も存在します(笑)

5月28日にアリタリア航空からきたニュースレターには、6月2日から、ローマ発、ニューヨーク、マドリッド、バルセロナへの直行便再開が書かれていました。

ドゥオモ博物館も再開

ドゥオモ博物館も再開

※クリックを押すと画像が拡大します。

イタリアは観光業が主な収入源のひとつなので、本来ならすでに来ているはずの海外からの観光客を少しでも取り戻したいところでしょう。

私も観光業従事者なので、痛いほど気持ちがわかります(笑)

とくに海や山といった季節限定の場所は、一日でもはやく再開したいのが本音でしょう。

今回のコロナは、イタリアだけの問題ではないので、先がまだまだ読めないし、国内移動、国外移動が再開されてからどうなるか、ですよね。

私は日本人だし、日本に親戚や友人もいるので、イタリアから日本への直行便の運航が再開されるのが待ち遠しい!

実際に日本にすぐに行くわけでなくても、行けないっていうのと、行けるけど行かないっていうのは雲泥の差。

 

日本に留まっているイタリア在住の友人

何人か、コロナのロックダウンの直前に日本に一時帰国して、今現在も日本に留まっている友人がいます。

飛行機を乗り継げばイタリアに戻ってくるのは可能なんですが、なにせ便が少ないし、お値段が高いらしい!!!!!!!!

青空に映える大聖堂

青空に映える大聖堂

※クリックを押すと画像が拡大します。

今回のコロナ騒動で、今まで考えもしなかったことが起きる可能性があること、今までごくごく普通にできていたことが、実は本当にありがたいんだということ、人と人のつながりが大切だということ、いろいろ勉強させてもらっています。

6月3日からイタリアはだいぶ平常に近くなることはなりますが、まだまだコロナはしつこく居座っているので、気を緩めず、動向を冷静にみながら、自分にできることをやっていくつもりです。

日本にまだ残っている友人たちがイタリアに帰ってきて、いままでみたいにみんなで楽しくレストランでわいわいできる日はまだ少し先かもしれないけど、絶対にその日は来るから、楽しみに待つことにしよう❤

 

 

 

ピックアップ記事

  1. イタリアの宿泊施設 アグリツーリズモ
  2. イタリアの宿泊施設 B&B(ベッド&ブレックファースト)
  3. グルメの国イタリアの食品の選択方法
  4. イタリアのホテルの星の数のルール

関連記事

  1. 日常生活

    【COVID19 特集‐4】コロナウィルスによるロックダウン生活での心理変化

    いかに平常心を保つかが大切私の仕事は観光業なので、外を歩くのが仕事…

  2. 日常生活

    【COVID19 特集‐13】コロナウィルス イタリアのロックダウンフェーズ2大幅緩和の週末

    ロックダウンから外出自粛大幅緩和現在の感染者数はこちらから ⇒ht…

  3. 日常生活

    【COVID19 特集‐1】コロナウィルスでロンバルディア州、まさかのロックダウン

    コロナウィルス感染者が急増!2月20日ぐらいから、イタリアの感染者…

  4. 日常生活

    【COVID19 特集‐20】コロナウィルス 警戒感緩む⁈

    海外からの観光客はまれヨーロッパから来ていると思われる観光客も先週…

  5. 日常生活

    【COVID19 特集‐17】コロナウィルス ロックダウンフェーズ3 マスクはまだ続く

    マスク着用義務はまだ続く6月いっぱいマスクの着用は義務だったのです…

  6. 日常生活

    【COVID19 特集‐24】ミラノ、二度目のロックダウン

    ロンバルディア州は赤ゾーンコロナの第2波、またまた私の住むロンバル…

  1. 日常生活

    【COVID19 特集‐23】コロナウィルス 感染者増加で生活に影響が
  2. 日常生活

    【COVID19 特集‐18】コロナウィルス ロックダウンフェーズ3 スカラ座再…
  3. 日常生活

    【COVID19 特集‐16】コロナウィルス ロックダウンフェーズ3 ほぼ普通!…
  4. 日常生活

    【COVID19 特集‐20】コロナウィルス 警戒感緩む⁈
  5. 日常生活

    【COVID19 特集‐2】コロナウィルスによるロックダウンのミラノ生活スタート…
PAGE TOP